弁護士の選び方

弁護士の選び方は、これも、慎重を期した方がいいです。基本的には、弁護士さんは、大きな債権の回収に携わりたいものです。なぜならば、そのほうが、弁護料を高く取れるからです。安い債権の回収ならば、蹴ってしまうという弁護士さんも多いことでしょう。ですが、最近では、安い額の債権の回収でも受けてくれる大手の法律事務所が多数存在します。大手の法律事務所が大手であるゆえんは、その実績にあります。どんなに安い案件でも、丁寧に誠実にこなしてきた実績が、大手が大手たるゆえんなのです。もし、あなたの債権の額があまり多くなくて、腕のいい弁護士さんが、蹴ってしまうような案件であれば、大手の法律事務所に相談しましょう。大手の法律事務所にまず外れはありません。

法外な相談費用を取られることもありません。大手の法律事務所に依頼してハズレであることはないでしょう。ですが、最近では新しい手法を開発して、弁護士費用を安く抑えてくれるベンチャーの法律事務所も多数存在します。こういった法律事務所は、債権者さんから弁護料を多くもらう以外に、まとめて司法書類を作成するなどの経営努力によって、弁護料を安く抑えています。こういった弁護士さんを探すのもひとつの手です。

債権回収は弁護士に相談

前述の通りとおり、債権の回収は弁護士さんに相談するのが、基本となります。あなたが債務者のところにいって債務の支払い計画について、根掘り葉堀り教えることもできますが、果たして弁護士さんの仲介がなしに、その返済計画を実施してくれる債務者さんが、どれほどいるでしようか。おそらくは、少ないでしょう。なるべくなら法的な手段に出ないで、債権を回収できるなら、それに越したことはありません。だいたい法的な手段に出なければ、弁護士費用がかかることもありません。ただ、この記事を読んでいただいている方は、きっとなにをいっても債務を返済してくれない債務者に、大いに悩まされている方だと思います。なにをいっても債務を返済してくれないなら、やはり、そこは法的な拘束力をもって、あいてに挑んでいくしかないのです。

「弁護士が仲介する」というだけで、もしかしたら債務者は考えを改めるかもしれません。でもやはり一番効くのが、法曹である弁護士さんが、債務者の前に立ちはだかることであると思います。ひとりで悩んでいないで、債権の回収は弁護士さんに相談しましょう。あなたの世界は、それだけで、少しの光が差し込むことと思われます。弁護士に相談しましょう。

債権回収の基本

債権回収は、弁護士を介して行うのが基本です。弁護士を介して債権を回収しないと、自分自身が、債務者のところにいって、理不尽な言い訳を聞くなど、いろいろと神経を擦り減らす結果になります。弁護士に依頼するのにも、費用はかかりますが、その分、あなたは神経を擦り減らす必要がないし、焦げ付きについて、無駄に悩むこともなくなります。弁護士に相談すれば、債権の回収方法、回収計画などを、論理的に説明していただけます。実際に、支払い能力がない債務者に対して、いますぐ全額返せというのは、無理な話です。債務者側にも人生がありますので、全額を一気に返済することなどできないのです。

このため、債務者側にとっても、返済計画は弁護士を仲介して、返済計画を立てていくことになります。まず、無駄な出費と思われる、生活に必要な、家賃や、代弁が可能な、不動産や、自動車などから、返済に充てられる部分を償却していくことになります。このように、弁護士が仲介しなくては、債権の回収はまったく無計画で、まったく債権や売掛金を、回収することはできないのです。弁護士が仲介することは、債権者、債務者の両方が、感情的にならずに、論理的に、計画的に、債権や債務を、整理していくための、必須事項なのです。ご自身だけで悩んでいても、なにも始まりません。相談だけであれば、初回は無料でおこなってくれる弁護士さんもいらっしゃいます。また、大した額の債権でないと、受けてくれない弁護士さんもいらっしゃいます。