弁護士の選び方は、これも、慎重を期した方がいいです。基本的には、弁護士さんは、大きな債権の回収に携わりたいものです。なぜならば、そのほうが、弁護料を高く取れるからです。安い債権の回収ならば、蹴ってしまうという弁護士さんも多いことでしょう。ですが、最近では、安い額の債権の回収でも受けてくれる大手の法律事務所が多数存在します。大手の法律事務所が大手であるゆえんは、その実績にあります。どんなに安い案件でも、丁寧に誠実にこなしてきた実績が、大手が大手たるゆえんなのです。もし、あなたの債権の額があまり多くなくて、腕のいい弁護士さんが、蹴ってしまうような案件であれば、大手の法律事務所に相談しましょう。大手の法律事務所にまず外れはありません。

法外な相談費用を取られることもありません。大手の法律事務所に依頼してハズレであることはないでしょう。ですが、最近では新しい手法を開発して、弁護士費用を安く抑えてくれるベンチャーの法律事務所も多数存在します。こういった法律事務所は、債権者さんから弁護料を多くもらう以外に、まとめて司法書類を作成するなどの経営努力によって、弁護料を安く抑えています。こういった弁護士さんを探すのもひとつの手です。